できるだけ費用を抑えたい

手のひらの上の家

一人暮らしで新しい生活を始める時は、賃貸物件を探すことから始めます。
しかし、賃貸物件を探す際に一番重要なのは初期費用がどれくらいかかるのか、毎月の家賃はどれくらいかけることができるのかを決めます。
どんな賃貸物件でも、借りる時は必ず初期費用が発生します。ですので、そういった予算を決めておかないとこれから住む部屋を決めるのに難航します。

ですので、初期費用を抑えたいと思うなら仲介手数料無料で家賃交渉を行ってくれる不動産会社を探すことです。
仲介手数料は、実は借主が絶対に支払う料金ではありません。ですので、交渉次第では無料にできる料金になります。
そして、家賃交渉は不動産会社のスタッフの営業能力にかかっています。ですので、予算より少し超えている物件だけどその部屋に住みたいと思うなら一度お願いしてみて下さい。
この時に、断る不動産会社であれば他の不動産会社で探すのもいいでしょう。物件に関しては、同じ地域内の不動産会社であれば同じものを取り扱っているところが多いです。
ですので、物件を探す時は一社に絞らずに複数の不動産会社で探すことをお勧めします。

仲介手数料って何?

先ほども少し説明しましたが、仲介手数料について説明をします。
仲介手数料というのは、賃貸契約を結んだ際に不動産会社に対して支払う成功報酬になります。
この報酬は、物件の所有者である人物からと契約を結ぶ人物から不動産会社はもらえます。
しかし、最近の不動産会社は仲介手数料無料で行っているところも増えています。一昔前だと、不動産会社が管理している物件や入居者が決まらない物件の管理人が借主の分を支払う物件だけでした。
ですが、現代の不動産会社はそういった物件だけではなくて、仲介事業として任されている物件も仲介手数料無料で扱うところが増えています。

その理由としては、仲介手数料無料にすることで契約者を見つけやすくなりますし、契約者を見つければ管理人からは必ず報酬をもらえるので効率よく物件を提供できるからです。
それに、家賃交渉に関しても仲介手数料無料であっても、頑張ってくれる不動産会社が増えています。ですので、家賃を少しでも下げることができる物件であれば交渉してもらったほうがいいでしょう。
現代の不動産会社は、個人でしているところも増えているので、一件取るにも大変な状態です。だから、多少は融通を聞いてくれる不動産会社も増えていますので、諦めずに交渉することをお勧めします。
そうすることで、気に入った物件だけど予算からオーバーしている物件であっても、住める確率が高くなります。